自分には価値がない。自分はダメな人間。そんな「思い込み」で自分を苦しめているあなたへ伝えたいことがあります。

仕事やめたい

ども!

人生を耕すクレイジー・ファーマーこと、うめちゃん(@crfmuc0nd)です!

 

みなさんは、自分の生き方に迷い、苦しんだ経験はありますか?

ひょっとすると、今まさに悩み、苦しんでいる人もいるかも知れませんね。

今回は、実際に自分の生き方に悩み、けっこう苦しんだ僕が、自分の経験も踏まえて、

苦しみから自分を解放する方法を紹介します!

僕もかつては苦しんでいた。

湧き上がる疑問

僕は大学に通っていた頃、自分のあり方に疑問をもっていました。

所属していたサークルで味わった孤立感が大きな原因でしょうね。

これを詳しく触れると話が次に進まないので、割愛。

(誰かに直接、何かされたわけではありませんよ!)

ともかく、孤立感にさいなまれる中で、あることを考えるようになります。

「俺、ここに必要だろうか…?」

負のスパイラルからはなかなか抜け出せない

自分自身の価値を疑い始めると、そのさきは泥沼。

人に会うのが嫌で家から出られなくなると、そこからループにはまって行きます。

これは、僕が大学時代に陥っていた負のスパイラル。

仕事やめたい

周りは当然のうように授業に行き(行ってない人も多かったけど)、単位を取り、進級し、就活をし、卒業していく。

一方、家から出られなくなっていた僕は単位を落とし、進級も就活も進まない。

「みんなが当たり前のようにやっていることすらも俺は出来ないんだ。」

と、自分に絶望し、敗北感に満たされたところでループ完成。

 

厄介なのは、こういうループ、負のスパイラルに陥ってしまうと、なかなか抜け出せないということ。

根本として自分のことを否定してしまってるので、そこが解消されない限り延々とループし続けることになります。

苦しいのは、「思い込み」のせい。

もし、あなたが自分のことを「価値のない人間」だと思っているなら、それはとんだ思い込み。

ほんと、思い込みです。

そして、その「思い込み」こそがあなたを苦しめていることを、まずは理解しなくてはなりません。

あなたを苦しめる「思い込み」の正体

そもそも、あなたは「自分の価値」というヤツを、何を根拠に決めていますか?

そこに、あなたを苦しめる思い込みの正体があります。

それはいったい何なのか。

 

答えは、「ルール」です。

世の中には、たくさんのルールがあります。

法律や条例のように、はっきりと文章になっているものもありますが、

問題なのは、暗黙の了解としてみんなが従うもの。

とても厄介なことに、暗黙の了解となるようなルールは、ルールが正しいかどうかではなく、

「みんなが当たり前にそうしているから正しい」

という認識に支配されてしまいがち。

 

大学に通っていた頃の僕は、

・みんなと同じように単位をとるべき

・みんなと同じように進級するべき

・みんなと同じように卒業するべき

・みんなと同じように就活するべき

・みんなと同じように就職するべき

こんなことを、さも絶対のルールかのように思い込んでいました。

だからこそ、引きこもりがちになった時に苦しんだわけです。

「みんな当たり前にやってるんだから、俺もできなきゃダメなのに…」

と。

  • みんなが当たり前にやっているというだけで、それを「絶対のルール」と思い込む
  • そのルールに従えなかった自分を責めて苦しんでしまう

これが、思い込みに苦しむメカニズムです。

あなたはどうですか?

みんなと同じでなければならないと、思い込んでいませんか?

そして、みんなと同じになれない現実の自分とのギャップに、苦しんではいませんか?

ルールを捨てよう。

あなたが今、苦しんでいる原因となっているそのルール、絶対に正しいものですか?

具体的には、

進学できなきゃゲームオーバー

 

単位取れなきゃゲームオーバー

 

大学卒業できなきゃゲームオーバー

 

就職できなきゃゲームオーバー

 

仕事続けられなきゃゲームオーバー

こんなものを、絶対のルールと思い込んではいませんか?

このルールを守れないのはダメな人間だと。

価値のない人間だと。

 

まさかまさか。

そんなはずは断じてありまあせん。

大学を辞め、就職もせずに田舎で農業をはじめたこの僕が、はっきり言っておきます。

こんなものは、クソルールです!

こんなクソルールに苦しめられていては本当にもったいないので、投げ捨ててしまいましょう。

フィールドを変えよう。

大学やめたっていいんです。

仕事やめたっていいんです。

田舎にすむ僕はいつも実感しています。

かつては絶対だと信じていたクソルールは、ここには適用されません。

山口県 阿武町

よくよく考えればわかることです。

高卒とか大卒とか、そんなことで人間の価値が決まるわけがありません。

 

自分が身をおく環境を変えれば、ルールなんて簡単に覆るんです。

どんなにいい大学を出ようが、どれだけとかの会社で高い給料をもらおうが関係ありません。

すれ違う時に笑顔で挨拶してくれるだけで、田舎ではかけがえのない存在になるんです。

行動を起こすにはきっかけが必要。

環境を変える、と簡単に言ってしまいましたが、やはり行動を起こすにはきっかけが必要ですね。

僕にも「大学をやめる」という行動を起こすきっかけがありました。

負のスパイラルをループしていた頃、偶然手にとった一冊の本。

この中の一節が、僕が思い込んでいたルールを覆してくれました。

そう、人は誰かに「あなたはかけがえのない人だ」と言ってもらいたいだけなのだ。

何を持っていなくても、何に勝っていなくても、「何かと交換することはできない、比べることもできない、あなただけの価値を持っている人なのだ」と誰かに認めてもらいたいだけなのだ。

この本との出会いがきっかけで、僕は行動を起こすことができました。

いま苦しんでいるみなさんにも一歩踏み出すためのきっかけが訪れることを願います。

うめちゃん

実際に行動を起こしてから僕の人生がどう変わってきているかは、僕のプロフィール記事に書いてありますので、あわせてご覧ください!

一度、田舎に来てみませんか?

僕のプロフィールを読んでいただけたらお分かりとは思いますが、今は田舎で農業をしています。

メインは夏のスイカ栽培。

現在、スイカ栽培のアシスタントを募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください!

山口県 援農【2019年版】幻の「福賀すいか」を守り継ぐために、あなたの力が必要です。山口県阿武町でのシーズンワーク「援農」参加者募集します!

約3ヶ月、試しに田舎で暮らすことで、確実に今とは違う価値観に出会うことができるはずです!

興味のある方は、チェックしてみてください!